現場で学んだノウハウによる効果の出るホームページ制作をご支援いたします。

お問い合わせフォームへ
電話ボタン
メニューボタン開くメニュー閉じる

ホームページ企画・制作

HOME > ホームページ運用・作成サービス(サービス一覧) > ホームページ企画・制作

ホームページ企画

情報提供から顧客接点装置へ

ホームページは単なる企業イメージツールではなく、企業がユーザーとのコミュニケーションを維持するためのサービス提供を行う「顧客接点装置」として発展しました。
ビジネスの世界にとって大切な「企業と顧客のコミュニケーション」「社会との良好な関係づくり」において、ホームページ特有の優れた優位性を最大限に活用する為のホームページ企画を行いましょう。

詳しく見る

優良顧客へのプロセスと有効手法

アールデザインではホームページへ訪れるユーザ属性を下図のように5つの分類に分け、各顧客層に向けた有効手法に基づく企画を展開します。


優良顧客へのプロセスと有効手法


1.潜在顧客
今はまだ顧客ではないが、将来的には商品購入などに至る可能性があり、これから顧客化できそうなユーザー(人や企業)。


2.接触顧客
ホームページを閲覧してくれたユーザ。
※探している情報などが見つからず「クリック」を繰り返し行うことになればユーザーはサイト離脱してしまいます。


3.予備顧客
商品購入・アンケート回答・お問い合わせなどホームページを通じてコミュニケーションをとることにに成功したユーザー。


4.優良顧客
繰り返し商品購入してくれたり、コミュニティーなどで有益な告知を行ってくれるユーザー(ファン化)。


5.一見顧客
なんらかの理由(ネガティブな場合が多い)によりサイト離脱あるいは一旦はコミュニケーションに成功したが、その後ホームページを訪れることがないユーザー。
※予備顧客・一見顧客属性の重要性
一見顧客で終わらないよう、如何にして予備顧客を組織化することが出来るかで、優良顧客を獲得するための大幅なプロモーションコストの圧縮と効果増加を実現出来る。


閉じる

アールデザインの
ホームページ企画・制作の特徴

ホームページを有効活用するために、企画・制作段階から、以下の項目を盛り込んだ計画を行います。

ホームページ制作

ホームページ制作で
効果を上げるためには!

「どのようにして訪問ユーザが来てくれる仕組みをつくるか?」を考え、ユーザー中心の
コミュニケーションをデザイン(設計)することが重要です。

「ヒント」は以下のような
ホームページにあります!

  1. 探している情報があり、詳しく解説されている
  2. はじめて訪問しても目的のページまで到達できる
  3. 質問・疑問に対して回答が準備されている
  4. 訪問者自身がお客さまとして大切に扱われている感がある
  5. その会社・そのサービス・その製品の良さが伝わってくる

上記のような
ホームページを閲覧したユーザーには
このように伝わります。

  1. 仕事や暮らしに役に立つホームページ
  2. 安心して使えるホームページ
  3. 親切な、やさしいホームページ
  4. おもてなしの心を持ったホームページ
  5. サービスを提供する側が自信をもっているホームページ

訪問ユーザに必要な情報を効率よく送り届ける。
結果、情報伝達を介して企業とユーザとの間にコミュニケーションが成立する。


ホームページづくりは企業とユーザのハッピーな関係づくりそのものだと言えるのです。

ホームページ制作フローのご案内

サイト構成 【Site Map】

ホームページ制作の規模・目的・問題点などを明確にし、サイト全体の構造をサイトマップとして図式化していきます。

詳しく見る

サイト構成はホームページ制作
(新規オープン時・リニューアル時)の
基盤であり重要なプロセスです。

サイト構成 【Site Map】

お客様とミーティングを重ねることにより、ホームページの規模・目的・問題点などを明確にし、 決定内容を基にサイト全体の構造をサイト構成(サイトマップ)として図式化します。


  • ホームページ上で実現したいPR内容
  • ユーザに提供したい、伝えたいサービス・情報
  • 分析等の結論より導き出された改善項目に対する方策の実装
  • 各種コンテンツ案をどの階層情報内に配置するか?
  • いかに情報のグルーピングを効率的に行うか?

さまざま要素を決定した結果、情報伝達を介して企業とユーザーとの間にコミュニケーションが成立します。


また更新時における作業効率アップや、サービス提供が円滑におこなうことが可能かなど、 この段階での十分な落とし込みが必要です。


閉じる

仕様決定

明確化されたホームページの規模・目的・問題点に対応した仕様(どのようなサービスを提供するのか?また実現するための仕組み)を決定します。

詳しく見る

仕様決定することでサービス提供を行う為に
必要となる仕組みを確定させます。

仕様決定

  • 実装技術の選定
  • システム構成案
  • 各種サービス提供のフロー案
  • サービス提供時におけるインプット項目の整理

自動更新機能(CMS:コンテンツマネジメントシステム)の実装や、デザイン的演出が強くもとめられる場合等、ホームページの性質に、最も適した仕様を導き出す必要があります。


閉じる

詳細情報決定

決定された仕様や選定された技術を活用したサービス提供の画面遷移および、ページ内掲載情報などの具体的イメージを決定します。

詳しく見る

より具体的なイメージ
(画面要素)を確定させます。

詳細情報決定

  • 画面要素の詳細
  • 画面遷移
  • 入出力項目の決定
  • 各種技術情報の擦り合わせ
  • ホームページ内での各マナーの総チェック

より具体的な画面遷移や、イメージ、掲載情報の表示領域等を総合的にチェックを行うことで、サイトマナーユーザビリティー形成上の問題点を改善します。


閉じる

インタフェース設計/Wire Frame

これまでの決定事項を反映させ、最も効果的に下層ページまで誘引を可能とするインターフェース設計を確定させます。

詳しく見る

完成イメージを反映させた
インターフェースを確定させます。

インタフェース設計/Wire Frame

  • リンク情報の詳細
  • ラベリング項目の決定
  • 画面内情報の確定
  • 表示領域(情報表示サイズ)の確定

この段階でのイメージがそのまま完成サイトに反映されることとなります。


その後、デザイン処理(ブラッシュアップ)を行いますが、アールデザインにおけるホームページデザインのフローでは、この段階での設計を基に全サイト内コンテンツの70%~100%の内容をワイヤフレームベースで整理します。


閉じる

コンテンツ整理

各コンテンツを新しいインターフェースにはめ込み、インフォメーションアーキテクチャ(情報設計)に問題がないかも含め検討します。

詳しく見る

ページ構成や、情報設計に
問題がないかを検証します。

コンテンツ整理

  • ページ情報の詳細
  • テキスト情報の確認
  • 掲載情報(図版・写真等)の整理

完成ホームページに必要となる情報の洗い出しおよび構成、文字校正等を完了させます。
このプロセス終了後デザイン処理(ブラッシュアップ・演出)の行程に向かいます。


閉じる

WEBデザイン提案

検討されたコンテンツ案に基づき、ホームページの目的やターゲットユーザーにマッチしたWEBデザインを導き出すプロセスです。

詳しく見る

目的・ターゲットにベストマッチした
WEBデザインアプローチの為に!

WEBデザイン提案

  • ターゲットユーザのプロファイリング
  • カラーイメージからの訴求メッセージ検証
  • 情報設計からのマナー統一
  • 同業サイトとの差別化
  • 企業IDとの統一化
  • ブランドメッセージの発信

さまざまな要素を考慮した上での演出とユーザーにとっての使いやすさ、分かりやすさのバランスが重要となります。


イメージ部・テキスト部等の詳細情報までを反映させたWEBデザイン

WEBデザイン提案

アールデザインではご要望により、実制作と平行しまして、デザインガイドラインパラメータドキュメントといったドキュメントベースでの資料制作も行います。


完成後の更新作業時の確認用として、またページの増設等によるVI(Visual Identity)イメージの劣化を防ぐ為にご活用いただいております。


閉じる
ページトップへ戻る
お問い合わせフォーム ▲ PAGE TOP